2013年06月26日

Ruby Trax

Ruby Trax: NME 40th Anniversary


売り上げランキング: 68,549


マイスルがヒューマンリーグのDon't You Want Meのカバーをupして、その話題から、以前にカバー曲を集めたコンピアルバムが出ていると教えていただき、購入。
NMEの40周年記念アルバムで、カバー曲を集めた40曲入りの3枚組!92年リリースをいまになって知る(^^;)
す・・・スゴイ!すごすぎるこのアーティストラインナップ!なんていう豪華な面子がそろっているんだー!いやー、ホント、90年代初頭を代表するブリティッシュバンドをよくここまで揃えたなって感じっス!当時はそれは話題になったことでしょう!
それの記念すべき第一曲目にワンダー・スタッフのCoz I Love You!素敵な事だなぁ!
マニックスとファームのはレディングので見て知っていたけど、その他のカバーではemf、suede、マーク・アーモンド、ボーイ・ジョージ、ジーザス・ジョーンズ、ジョニー・マー、インカペ、カーブ、ミッション、セイント・エティエンヌのが特に気に入ってます♪
それにしてもI'm a believerってよくカバーされるんだなぁ。emfのはよく聞いてたけど、フランク・アンド・ウォルターズもカバーしててびっくり。
posted by みか at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | TWS

2013年04月07日

OH NO...IT'S THE WONDER STUFF 全種類まとめ

★通常版2枚組Oh No It's... the Wonder Stuff
2013年3月発売。ボーナスCDとして「From The Midlands With Love」がついています。「from the 〜」はイギリス・ミッドランド地域の曲をワンダー・スタッフがカバーする企画CDです。
130407_1247
<DISC1>
1. Clear Through The Years
2. Oh No!
3. Friendly Company
4. Steady As You Go
5. From The Midlands With Love
6. Right Side Of The Turf
7. Hard Truths
8. Be Thy Name
9. Yer Man’s Alright
10. Arms Wide Open
11. Inner Voices
<DISC2>
1. Far Far Away (Slade)
2. Planet Earth (Duran Duran)
3. In A Room (Dodgy)
4. Sweet Sweet Pie (Pop Will Eat Itself)
5. Blackberry Way (The Move)
6. Get Up! (Beverley Knight)
7. There There My Dear (Dexy's Midnight Runners)
8. Crash (The Primitives)
9. One In Ten (UB40)
10. Save It For Later (The Beat)

アルバム本編の方は昨年末に日本版が発売されて以来かなり聞き倒してきたと思いますので、私的な聞きどころとしてはカバー企画「From The Midlands With Love」に新たに発表となった4曲 Dodgy「in a room」、 pop will eat itself「sweet sweet pie」、the primitives「crash」、UB40「one in ten」でした。特に楽しみにしていたのは、DODGYの「in a room」です。the wonder stuffとdodgyと聞けば、曲調や時期的に、どちらとも心に刺さる方が多いのではないでしょうか!私事ですが、ドッジーはワンダー・スタッフの次くらいに好きで、ホント、カバーが聞けるなんて夢のようです。知ったときはそれは興奮しました〜!「sweet sweet pie」もカントリー風なバイオリンが効いていて楽しいし(2枚目〜3枚目のアルバムにありそうな感じ?)、「crash」も曲調がバンドの音にナチュラルにマッチしてるなと思うし、「one in ten」は聞いてみたら曲を知ってて自分でびっくりしたのですが、元はレゲエ調なところアレンジに手が加えられていて、オリジナルが持つ寒々しさや孤独感みたなのがまた違った形で表現されているなぁと思いました(今回知ったのですが、UB40が破産したのだとか・・・?!)。
今回初めてこのニューアルバムと「From The Midlands With Love」を御存じになったという方がいらっしゃいましたら、youtubeでPVもいろいろと公開されていますで、是非ご覧になってください!ぞれぞれにユニークな作りで、昔はあまり考えられなかったような仮装なんかしてたりして、PVに対する力のいれようを感じます!
http://www.youtube.com/user/TheWonderStuffUK

オフィシャル通販先着250枚のサイン入りです〜
130407_1244

=============================

★日本版OH NO...IT'S THE WONDER STUFF 2012年12月発売。日本版だけのボーナストラックとしてアコースティックバージョンが3曲入っています。写真のバッジはタワレコさんでもらえます(今まだあるかは不明)。
121227_2225
1. Clear Through The Years
2. Oh No!
3. Friendly Company
4. Steady As You Go
5. From The Midlands With Love
6. Right Side Of The Turf
7. Hard Truths
8. Be Thy Name
9. Yer Man’s Alright
10. Arms Wide Open
11. Inner Voices
12. Friendly Company (Acoustic Version)
13. From The Midlands With Love (Acoustic Mix)
14. Be Thy Name (Acoustic Mix)

=============================

★限定版(SOLDOUT) 2012年12月発売。オフィシャル通販のみの限定販売。メディアブック仕様の特装版です。
121227_2234
1. Clear Through The Years
2. Oh No!
3. Friendly Company
4. Steady As You Go
5. From The Midlands With Love
6. Right Side Of The Turf
7. Hard Truths
8. Be Thy Name
9. Yer Man’s Alright
10. Arms Wide Open
11. Inner Voices
posted by みか at 12:04| TWS

2013年03月19日

ワンダー・スタッフ、おんとし27歳!

そういえば、1986年3月19日生まれのバンドです

オフィシャルサイトもアルバムを意識した雰囲気にリニューアルしてます
http://www.thewonderstuff.co.uk/

私のファンサイト「もっともっともっとワンダースタッフ」も今年で実は15周年だったり・・・
posted by みか at 23:50| TWS

2013年03月13日

Oh No! PV / マイルスの愛する50曲

ワンダー・スタッフ「OH NO...IT'S THE WONDER STUFF」からのシングルカット「 Oh No!」のPVです。


http://www.youtube.com/watch?v=9THcoOgSSzw

イギリスのスタンダップコメディアンGreg Daviesさんと共演。ちょいアメコミタッチで、オモシロヒーロー(?)なドハデな格好で街中ロケなんかしちゃって、今回のPVもマイルスやってくれます〜!フラストーレションの中に滑稽な雰囲気もある曲調にぴったりな内容だと思います。グレッグさんの家を訪れたときのマイルスの表情がかわいい♪


こちらは、マイルスの愛する50曲リスト。
http://www.sabotagetimes.com/music/miles-hunt-from-the-wonderstuff-50-songs-i-love/
posted by みか at 23:50| TWS

2013年01月20日

Miles Hunt 「Don't You Want Me」

[soundcloud url="http://api.soundcloud.com/tracks/75577854" params="" width=" 100%" height="166" iframe="true" /]
https://soundcloud.com/mileshunt/dont-you-want-me-baby 
↑ガラケーだと再生できないかもしれません・・・

マイルス・ハントがカバーしている、ヒューマンリーグのDon't You Want Meです。

最近カバーに凝ってるのかなぁ?と思ったら、コメントによると、恐らく2000年〜2002年頃に録音したもので、前のドラムのKaruとヴァージニアのGigRecordにいた仲間とで録音したもので、自分のitunesをいろいろさわってる時に見つけたらしい。
なぜ録音したのかというと、当時マイルスがソロアルバムをリリースしていたニュージャージーにあるレコードレーベルgig recordsが、80年代のヒット曲をカバーしたコンピレーションアルバムの企画をしていたからで、所属の他のアーティストも曲を提供したけども、リリースには至らなかったのだそうです。
この音源はラフにミックスしてあるだけのものだけど、公開するだけならいいかと、今回アップしてくれたそうです。

余談ですが、私的に「 Don't You Want Me」って言うと、the farmというバンドがカバーしてるっていう印象が強いです。なぜなら92年の、ワンダー・スタッフが出演したレディングの時、そのバンドが演奏してたから(^^;)
posted by みか at 08:01| TWS

oh no... idiot !

通販でTシャツ買ってみました。

130120_1518
Oh No Tシャツです。背面の下の方にバンドのロゴがちょこっとあってかわいいです

130120_1521
ずーーーーっと憧れだったidiot Tシャツ!!!!(私だけかw)
Construction for the Modern..
の頃から欲しいなぁと思っていたのですが、アルバムリリースから20年、また入手できるようになるとは・・・!
idiot Tシャツはもしかして在庫数が少ないかもしれません。あと、マグカップも売ってます。

上の二枚はどちらともオフィシャル通販で買うことができます。
http://irl.bigcartel.com/artist/the-wonder-stuff
posted by みか at 07:01| TWS

2013年01月19日

THE WONDER STUFF - Planet Earth PV


http://www.youtube.com/watch?v=OTr_pM0Baxg


ついにキターーーー!デュランデュラン「プラネットアース」のカバーのPVです。
今までワンダー・スタッフのいろんなPVを見てきましたが、こんなに仮装してるワンダー・スタッフは見たことない!
カバー企画をしなかったら、出てこなかった衣装や映像作りだと思います!

itunesはこちらから
https://itunes.apple.com/jp/album/from-midlands-love-3-single/id582263505
posted by みか at 04:01| TWS

2013年01月17日

3月リリースの「Oh No it's...」についてのコメント

12月にリリースされた限定版Oh Noと3月リリース予定の2枚組Oh Noについて一部で混乱が生じた為、その件についてバンドのフェイスブックにコメントが掲載されています。
http://www.facebook.com/thewonderstuffofficial/posts/522846581082288
以下、だいたいこういうことであろうという訳です。

----------
3月リリースの2枚組には、10曲入りのFrom The Midlands With Loveが収録されます。
12月の限定メディアブック版をリリースした際は、From The Midlands With Loveのアルバムをリリースする予定はありませんでしたが、DL等で既に入手可能だった6曲に加えさらに4曲を昨年12月のJesusJonesとPWEIとのツアーに先立ってレコーディングし、From The Midlands With Loveはトータルで10曲となりました。
バンドとして、レーベルもですが、2013年初頭に違うバージョンのアルバムをリリースすることで、混乱を招きたくなかった(3月にリリースするのは予め予定されていた)ので、3月リリース版には10曲のFrom The Midlands With Loveを入れることにしました。
アルバムが2種類になることについて不満を洩らすファンもいて、バンド側も困惑している状況です。
もしFrom The Midlands With Loveを、買ってくれるものだろうと予想してそれ単体でアルバムリリースしたならば、その人達にまたフルアルバムの金額を払わせてしまうことになりますので、Oh Noとパッケージを1つにすることにしました。それに加え、3月リリース版をメディアブック仕様にしないことで、12月発売のメディアブック仕様の限定版が、特別なアイテムになります。
バンドも、レーベルも、2種類のアルバムを出してお金をむしり取ろうという意図は全くないんだということを言いたいのです。しかしながら混乱を招いてしまうことになってしまいました。
はっきりしておきたいのは、12月に限定版をリリースしたときには、From The Midlands With Loveというアルバムは存在しなかった、だから、12月のリリースは2枚組としてのリリースではなかった、ということなのです。
-----------

これについて、フェイスブックに寄せられたファンからのコメントは、「スタッフィーがリリースするならどんなのでも買う」「リリースしたいものをすればいいよ」「ライブCDがついた違うバージョンが出たらまた買う」といった、好意的な応援のコメントが多数寄せられている。
posted by みか at 23:50| TWS

2013年01月06日

けっこう明けてる(^^;)

なんかこの前テレ東の大食い番組を横目で見てたら、ワンダー・スタッフのDizzyが使われてて、この曲選んだ人ニューアルバム聞いてくれたかなー、なんて思いながら、明けましておめでとうございました!明日から日常!
posted by みか at 10:01| TWS

2012年12月24日

エリカのクリスマスソング


※携帯はこちらからyoutubeが見れます



Christmas Song by Erica Nockalls

クリスマスの日に紹介しようと思ってうっかり日を逃してしまった(><)
童話の世界のようなキュートな歌なので、ぜひ聞いてみてください。
あるシーンにワンダー・スタッフのアノ人がちらりと出てますw
posted by みか at 23:50| TWS

THE WONDER STUFF - Get Up! PV


※携帯はこちらからyoutubeが見れます


ワンダー・スタッフのFROM THE MIDLANDS WITH LOVE 第3弾、Beverley Knight's 'Get Up!' のカバーです。
このシリーズでは毎回PVの趣向が変わり楽しませてくれますが、今回のは12月のライブパフォーマンスを編集したものとなっています。

ラストはプラネットアースになると思いますが、どんな作風か楽しみです。
posted by みか at 10:12| TWS

2012年12月22日

Oh No…It’s The Wonder Stuff (limited edition) & 日本版

121227_2234
オフィシャル通販か、ライブ会場でのみ入手できるという限定版が届きました。media CD book って何だろなと思っていたら、絵本みたいな作りになってて、かわいいです♪

121227_2225
こちらは日本版OH NO...IT'S THE WONDER STUFFになります。バッジはタワレコで先着でもらえます。
posted by みか at 23:50| TWS

OH NO...IT'S THE WONDER STUFF 日本盤

OH NO...IT'S THE WONDER STUFF
OH NO...IT'S THE WONDER STUFF
posted with amazlet at 12.12.20
THE WONDER STUFF
VINYL JUNKIE RECORDINGS (2012-12-19)
売り上げランキング: 19,844


1. Clear Through The Years
2. Oh No!
3. Friendly Company
4. Steady As You Go
5. From The Midlands With Love
6. Right Side Of The Turf
7. Hard Truths
8. Be Thy Name
9. Yer Man’s Alright
10. Arms Wide Open
11. Inner Voices
12. Friendly Company (Acoustic Version)
13. From The Midlands With Love (Acoustic Mix)
14. Be Thy Name (Acoustic Mix)


一聴しただけで、一曲一曲がなんて生き生きとして、色鮮やかで、力強いんだと思いました。まさに「新生」ワンダー・スタッフの充実ぶりと躍動を感じます。

前作から6年、その間にいろいろな出来事がありましたが、その出来事さえ大きな渦にして飲みこんでつき進む勢いのClear Through The Years、メランコリックな暖かみのあるFriendly Company、憂いのあるコーラスも美しいSteady As You Go、長年のファンならのらずにはおれないカントリー調のBe Thy Nameなど、どれもバンドとしての”結束”とメロディーやアレンジの豊かさを感じさせてくれる曲です。全部がいいので、これらの曲名だけ挙げてしまうのが申し訳ないです。

今作の特徴としては、前作Suspended By Starsでは部分的な参加だったエリカが、今作では全体を通し堂々とした大きな存在感を見せてくれて、彼女のバイオリンとコーラスにより音にさらなる厚みと華やかさ・彩りがプラスされていると思います。マイルス&エリカのアルバムCatching More Than We Missやライブ活動で培ってきたであろう経験が今作にも良い影響を与えているのだと思います。


日本版ではさらにボーナストラック3曲やマイルスのライナーノーツ、対訳も付いて、お得で、日本のファンにはありがたいパッケージになっています。

なお、タワーレコード新宿店/渋谷店/梅田マルビル店/横浜モアーズ店/秋葉原店/福岡店では先着で特典バッジが付いてます。よっ、VJさん太っ腹!!!
posted by みか at 23:50| TWS

2012年12月20日

Oh No It's... The Wonder Stuff (2枚組・通常版) 詳細

3月25日発売のOh No It's... The Wonder Stuff(2枚組・通常版)の詳細が出ました。

以前当ブログでも紹介したように、2枚目にはミッドランドフィーチャーのカバー曲集From The Midlands With Loveが入ります。既にリリースされている6曲にくわえ、新たに4曲が加わります。
その新たな4曲は Dodgy「in a room」、 pop will eat itself「sweet sweet pie」、the primitives「crash」、UB40「one in ten」となっています。

オフィシャル通販では、限定250枚にサインがつくそうです。
http://irl.bigcartel.com/product/oh-no-it-s-the-wonder-stuff


英国Amazonでは、全曲試聴できます!
http://www.amazon.co.uk/Oh-Its-The-Wonder-Stuff/dp/B00BF6MQAK/


日本では、今のところ、HMVで購入できるようです。日本HMVのサイトでは1枚となっていますが、2枚組のハズです。
http://www.hmv.co.jp/artist_Wonder-Stuff_000000000004545/item_Oh-No-It-s-The-Wonder-Stuff_5352064
posted by みか at 23:50| TWS

2012年12月18日

FROM THE MIDLANDS WITH LOVE 第3弾

The Wonder StuffのFROM THE MIDLANDS WITH LOVE 第3弾 Duran Duran「Planet Earth」と、Beverley Knight「Get Up!」がitunesで配信開始されています。

第1弾と第2弾はオリジナルと馴染みのよい曲調かと思われますが、今回リリースの第3弾は2曲とも赴きが違って、とくに「Get Up!」はR&Bということもあり、どういう風に料理してくれるんだろうかと、一段とリリースをワクワクしていました。

私はデュラン・デュランも好きなので、まさかマイルス・ハントの歌うデュラン・デュランを聞ける日が来るとは、願ったりかなったり、ずっとファンやってきてよかった〜と、それはそれは感無量なのです。あの曲が持つ近未来感というか透明感、それがワンダー・スタッフだとこうなるんだなぁと、懐かしくもあり新鮮です。

Beverley Knight「Get Up!」については、オリジナルを聞いたことがなかったのですが、彼らはここまでアレンジを効かせることができるのかと、その音楽性の幅の広さにまずは驚きました。今のメンバーラインナップでこそセンスが発揮されているのであろう、”今の彼ら”らしいアレンジになっていると思います。スタイリッシュな仕上がりだと思いました。

今回でラストとなるFROM THE MIDLANDS WITH LOVEですが、ブリティッシュロックというとマンチェスターとかリバプールって地名が思い浮かびますが、ミッドランドにもたくさんいい曲があるんだなぁと、この企画を通じて知ることができました。
posted by みか at 23:50| TWS

2012年12月10日

The Wonder Stuff's version of Duran Duran's Planet Earth@BBC Radio2

http://www.bbc.co.uk/iplayer/episode/b01p3mfc/Steve_Lamacqs_Rock_College_06_12_2012/

51分25秒あたりから聞くと吉!!!!!
なつかしくいてそれでいて新鮮とでも言いましょうか・・・!感動するわぁ〜
posted by みか at 07:12| TWS

2012年11月25日

ワンダー・スタッフ×デュランデュラン=?!

12月のJesus JonesとPop Will Eat Itselfとの合同ライブを控えるThe Wonder Stuffだが、FROM THE MIDLANDS WITH LOVE企画のラストを飾る第3弾のカバー曲が発表となった。Duran Duranの「Planet Earth」と、Beverley Knightの「Get Up!」という今までのカバーとは異色(と言っていいかな?)の組み合わせ。リリースは12月17日。
posted by みか at 23:50| TWS

2012年11月11日

Imminent Room / Erica Nockalls



  1. Manikin

  2. Neon Crucifix (Ft Jeff Walker)

  3. Serpentine City

  4. Cut Them Out

  5. I Am Me, This Is Now (Ft Wayne Hussey & Mark Gemini Thwaite)

  6. Day One, One Day

  7. Lover Fifty-One

  8. One More Forest

  9. It's Killer, Darling

  10. Imminent Room

  11. Goodbye Spider




ワンダー・スタッフでバイオリンとコーラスをしているエリカのファースト・ソロアルバムが届きました。
ボーカルとバイオリンだけでなく、他の楽器や打ち込みも彼女がしています。
マイルス&エリカ名義のアルバムもありますがそれとは全く雰囲気は違い、上に紹介するPVでも分かると思いますが、彼女独自の音楽の世界観で満ちて、彼女の多彩さや表現の多様さは驚かされます。私は聞いていて万華鏡の様だなと思いました。ちなみに、マイルスは4と9で参加しています。
posted by みか at 23:50| TWS

2012年10月10日

OH NO...IT'S THE WONDER STUFFのリリース決定

ワンダー・スタッフの、実に6年ぶり、収録の全てが新曲というニューアルバムOH NO...IT'S THE WONDER STUFFが、12月12日にリリースとの告知が出ました。

日本版は近年の日本版リリースでお馴染のVinylJunkieさんからで、対訳や、日本版のみ3曲ボーナストラックが入る予定とのこと。
http://vinyl-junkie.com/label/wonderstuff/
他に、今のところHMVなどでも購入可能のようです。

現地のオリジナルVerは、現地通販サイトかライブ会場でしか買えないというmedia CD book仕様。media CD bookがどういったものなのかはまだ不明です。
http://irl.bigcartel.com/product/oh-no-it-s-the-wonder-stuff



ちなみに、ジャケットの文字を見て、JesusJonesのAlreadyを思いだした私です^^;
posted by みか at 23:50| TWS

2012年10月02日

エリカ、ソロデビュー

ワンダー・スタッフのバイオリニスト、Erica Nockalls が「Imminent Room」というアルバムで11月5日に初のソロアルバムをリリースする。
説明によると、新しい音楽にはエリカが気に入るようなものが全くなく、それなら文句言ってないで作っちゃえってことで、親しいミュージシャンを集め作ったらしい。
参加ミュージシャンは Wayne Hussey、 Mark Gemini Twaite、 Jeff Walker、 Miles Hunt、Fuzz Townshend 。

www.ericanockalls.com
posted by みか at 23:50| TWS